メインイメージ画像

派遣のドライバーとして働く前の確認事項とは

資格が要る職種のなかで、派遣ドライバーという職種は、タクシーやバスのドライバーやトラックドライバーなど、また、フォークリフトや二輪車などの車両を扱う仕事の人材派遣サービスに登録をして働くという仕事です。一般にある派遣のシステムと同じく、登録スタッフは派遣会社と雇用契約を結んで、仕事先の会社に派遣されます。もちろん条件を満たすことで社会保険と厚生年金なども適用の対象になります。自分のキャリアやライフスタイルに合わせて仕事を選べるのが派遣ドライバーです。

保持している免許によって、大型トラックやバスというような特殊車両から、軽トラックや普通自動車などといった一般車両まで、ドライバー業務といっても様々です。仕事内容にしても、荷物の長距離配送から近場のデリバリーまでと多種多様で、自分の要望と運転技術に合わせて働き方を選ぶことができますし、派遣業者から紹介してもらうことができます。

派遣社員としてドライバーの仕事をする利点は、市場におけるドライバーの需要が高いことで業務が多くあります。自分で働いた成果が単純明快でやりがいがありますし、また、高齢者の再雇用先として、ドライバーなどを希望する方も多く採用などもされているので、長く働くことなどができる環境にも恵まれているといえます。

短期派遣の場合、空いた時間を利用して働くことができますし、色々な車を運転して様々な場所へと行くことが可能なのが、他の職業にはない楽しさでしょう。更に、ドライバーは勤務時間の大部分を一人で過ごすことになります。人間関係に悩むこともなく気楽に働けるということも魅力でしょう。ドライバーという仕事とはその名の通り、運転をすることが仕事です。

運転が好きだという人にとっては天職と言える仕事だと思います。ドライバーの仕事にはいろいろな種類があり、給料や仕事内容も違います。派遣会社のことについて口コミや評判などを利用して事前にしっかり調べてから、自分の希望する形で仕事ができるような会社に登録をしましょう。ドライバーは疲れやすい職業ですので、スケジュール管理がしっかりしている職場を選択することが大切な点です。

更新履歴

2015.07.12
»サイトをアップしました。
2015.07.21
»ページを追加しました。